新規参入の航空会社

航空業界の規制緩和により、1996年に設立されました。出資は、格安大手旅行代理店のエイチ・アイ・エスによるものです。
機内サービスを簡素化し普通運賃を当初、他航空会社の普通運賃の半額に抑えという大胆な戦略で人気を博しましたが、既存航空会社はスカイマーク便前後に同一金額にした座席を設ける対抗策をとったために赤字に転落したこともあります。
その後、インターネットサービスプロバイダ(ISP)のゼロ株式会社と合併し、さらに機材の置き換えやサービスの工夫などによって2008年に黒字に転換しています。

機内サービス

2006年に大幅な運賃値下げを行いました。これに伴い、大幅なサービスの簡素化も行われれ、機内サービスは、ひざ掛け毛布と幼児向け絵本の貸し出しのみでお茶や新聞などは廃止しています。なお、ドリンク類は機内で有料で販売しています。ただし、長時間搭乗する羽田−那覇線ではドリンクを無料配布しています。

スカイマークの特徴

何しろ「安い」が一番のウリです。運賃は他社の40%引きで、新幹線よりも安いのが魅力ですね。
座席は詰め込み過ぎのような気もします。満席になるとかなり窮屈に感じますが、値段が安いので許せる範囲だと思います。

スカイバーゲン

国内航空業界で最安値の運賃です。2ヶ月前から49日前までに予約・購入が必要です。2006年の導入当初は、宣伝もかねて国内全便5,000円という激安価格で販売していたこともあります。現在では神戸線が7,000円、それ以外の便は10,000円です。これでも最安値ですね。

スポンサードリンク